この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-07 18:03:02

「ハイアットリージェンシー京都〔京都府・東山七条〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ベッドボードは着物生地を使用していて、京都らしさ?日本らしさを演出しており、こういう演出が外国人の方に受けるんだろうなと思いました

ごくごくシンプルな造りの部屋ですが、着物の古布を用いたタペストリーがアクセントに。この部屋は落ち着いた色調のタペストリーでした。

部屋へ入ってすぐの左手 ミネラルウォーターも置いてあります アメニティはハイアットオリジナルです。 キレイに並べられてます 真っ白で好きです

さて、お部屋は和モダンな造り。すっっごくかっこよくて感激!お風呂もこーんなに素晴らしいー。お掃除大変でしょうにー、なんて余計な心配をしてしまうヒバのお風呂。

宿泊先は“ハイアットリージェンシー京都”チェックインを済ませ長い通路を進んでいくと部屋はデラックス・コーナー・キングへアップグレードされていた。

緑・みどり・ミドリ・・・気持ちよいです。とてもリラックスできて、良いホテルでした。両隣ともゲストがいたようですが、音も響かずぐっすりと寝れました。

ハイアットのアメニティーはあまり好きではないのですが、引き出しにひとつひとつのアメニティーがはめ込まれているちょっとかわいい演出には笑いました。

宿泊したのはスタンダードな「ゲストルーム」のキング。ベッドのへッドボードのタペストリーは、江戸時代から大正期の古布だそうです。ちなみに、ベッドはシモンズだって。

お部屋は5階のデラックス バルコニーです。ちなみに、こちらのホテルは5階が最上階になります。広さは約60屬△蠅泙垢里如△罎辰燭蠅靴討い泙后

クローゼットに宅配用のボックスがたたんで置いてありました。お部屋においてあるとより便利ですよね!お土産の多い土地柄ゆえ?!

開業一年が過ぎてサービスに磨きがかかっていると思います。イヤホンマイクで他のスタッフと緊密な連携を取っているのは、最近の良いホテルの傾向でしょう。

日本の伝統的な文様をかたどった白い透かし組みの天井。ここも夜が特に素晴らしく、オレンジ色の直接ではない柔らかな照明が落ち着いた気分にさせてくれます。

バスルームもグランドハイアット東京に似ています。シャワーブースではなく、洗い場とバスタブが一緒になっているタイプで、日本人にとっては使いやすいです。

ホテル内は間接照明が多く、とてもしっとりとしている印象。和風な中にも、シックで近代的なところもあり、なかなかいいバランス。新しいホテルなので、とっても綺麗〜♪

ベッドのヘッドボード上には江戸時代以降の古布。そして、白木の壁には、古木を再利用した花器。これは、なかなかステキ!

充分バスルームも広く、バスタブも深くて、ひのきの椅子なんかもありました 色々と観光をして歩き疲れても、ゆったりとバスタイムを過ごせたし、リラックス出来て

浴室は満足できる広さです。洗い場もありますよ。 浴室内に椅子がありますので、座りたい人には便利。浴槽も深くなっていて入りやすかったです。

バスルームはユニットバスではなく、大きい湯船と洗い場がきちんとあり、木の椅子まで用意されていたのでとても心地よかったです。

あれ??クローゼットから洗面台、お風呂、シャワーまで、仕切りがない ちょっと落ち着かないような、逆に開放感があっていいような、こういうバスルームもありですね。

一番気に行ったのは冷蔵庫の中身がかなり充実しており、ハイアットリージェンシー大阪にもおいてある、ニコラフィアットのシャンパンまでもが冷蔵庫に置いてありました。

バスルームはガラスの扉で仕切られて石のイメージのタイルです。(本物の石ではない)ベッドのヘッドボードは和のイメージの布が張ってあり間接照明で雰囲気があります。

ササっとチェックインを済ませ、お部屋へ。そんなに広くないけど、新しいこともあってすっきりとキレイ。アメニティもかわいらしいです。

特筆すべきはお風呂!通常のユニットバスではなく、バスルーム中央に木製バスタブがどーんと置いてあります。湯を張ると木の香りが漂ってきて、うーん、極楽。

前回も思いましたがここはリージェンシーというよりグランドハイアット並みだと思います。このレベルでこの宿泊料金はお得だと思います。

部屋の感じはこんな感じ。和と洋の融合といった感じでしょうか。照明などは和紙でできています。ちなみにベッドはシモンズ社製のベッドです。

今回こちらでお願いした事を断られたことが一度もなかったという事はポイント高いです。部屋も狭すぎず、リノベして間もないせいか調度品や水回りもとても綺麗。

特にGOODなのが、ベッドの寝心地でした。このマットレス、どこのだろうか・・・。高いんやろなぁ・・・。

ハード面だけでなく、ホスピタリティの素晴らしさもハイアット系ホテルの魅力です。チェックアウトも12時までなので、存分にくつろげました。

大きくて寝心地の良いベッド、DVD完備の大きな液晶テレビ、トイレ・バス別の広いバスルーム、充実したアメニティ…。すご〜く素敵な部屋でした♪

デラックスバルコニーというタイプにしてみました。落ち着くお部屋で、広さがあっていい感じ。二人なら、このくらいの広さがあると、ゆったりできてよかったです。

感想としては また行きたい と思いましたし 1人でもOK(利用しやすそう)な感じでした お部屋自体はそんなに広くないのですが(高い部屋は広いと思うw)

ホテルの方の対応はかなり好印象でしたが、対応もさることながら人間性のよさを感じました。場所は三十三間堂の近くでアクセスもなかなか。

ベッドのヘッドボードにあしらわれた着物柄もステキすぎる!!!ほかにも、シンプルだけど細かいところに気が利いている設備にくらくら・・・。

印象的なのは、正面玄関のシチュエーションで、竹林で被われた玄関は、いかにも京都の歴史を感じさせてくれる空間でした。

ウェルカムフルーツのサービスで苺が用意してありました(画像下)。観光などして疲れた体には果物は嬉しい!ノドを潤すにも最適です。

風呂場は広い。必要以上に広いと思う。スタンダードな部屋のベッドルームとの相対としての広さはおそらく国内のホテルでもトップクラス。

カテゴリ:京都府:宿/ホテル|テーマ:ハイアットリージェンシー京都〔京都府〕 |更新日時:2017-03-17 15:03:20

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>