この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-10-20 21:10:01

「中禅寺温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

浴室は男女別大浴場と2浴槽を持つ露天風呂があり、森の中に乳白色の色が映えて美しい。硫黄臭があり、温泉情緒をかもし出す。

『日光レークサイドホテル』の『湖畔の湯』1000円(フェイスタオル付き)で、日帰り入浴ができます。バス停からも近いので、とっても便利☆

ここの温泉は、12キロ先の日光湯元の源泉から、木管を使ってひいている。だから、乳白色に湯の花が浮く硫黄泉なのだ。内風呂は大きな檜風呂。

露天は42℃に調整されている10屬曚匹陵畫紊任修譴曚氷くはない。目隠しの仕切り板はあるが解放感は十分だ。

湯本からの引き湯ですが、硫黄泉が掛け流しです。湯温が高いため、加水されていますが、緑色に変色した硫黄泉は気持ちいい。

真白なお湯と強烈な硫黄臭を期待していたのだが、、、この透明さと、程よい硫黄臭はどうして??加水はしていないと書いてあるので、循環ろ過が強力なのか?

とても強い硫黄臭でした。内湯のほうが濁っていて匂いも強かったですね。このお湯だけで満足できちゃいました。春先でしたがお湯はかなり熱めでしたね。

このお宿、お風呂も露天風呂があって広いのだけれど、体調的にまだゆっくりお風呂につかれるような状態じゃなかったのが残念だったかも。

お風呂は露天風呂があって、星空星月のもとでゆっくり入れました。温泉自体は日光湯元から引いているので、白く濁った硫黄泉温泉 あったまってぽかぽか

以前はタイル貼りでしたが、檜のスノコを敷きつめて改装したようです。床が上がってもカランは上がりませんので、ちょっと使いづらいものがありました。

到着早々に、貸切風呂へ。建物の扉を開けた途端、硫黄の匂いが鼻を刺激する。お湯は白濁した硫黄泉で、お湯の中には大きな湯の花がたくさん舞っている。

大浴場「湖畔の湯」立ち寄り入浴1,000円(タオル付き)源泉かけ流しの硫黄泉です。窓からは、中禅寺湖が見えます(湯船から立ち上がらないと見えませんが)

硫黄のにおいのするにごり湯です にごり湯っていっても白濁ではなく緑色です。温泉!って感じですが草津のように強いお湯ではありません

決して広くはないが、展望風呂が自慢で中禅寺湖が一望できる。温度は内風呂、露天風呂ともやや低めなのでゆっくり入って温まりたいという人向けかも。

部屋は10畳に掘りごたつの板の間付きで充分の広さ 風呂は源泉掛け流しの硫黄泉 中禅寺温泉とは言っても「日光湯元温泉」からの引湯だった

ここの湯は、明らかに他の温泉と違うような気がします。硫黄臭のする白濁した温泉ですが、温度が低く(38度)長湯ができるため体の芯から暖まることができます。

男女別の風呂、共に露天風呂つき。大浴場とは言えない、二人も入ればいっぱいのこじんまりした湯船だが、部屋数が少ないので問題ない

肝心の温泉は天然の硫黄泉で、ちょっと熱めですが場所によってかなり温度が違い、隅のほうでは結構ぬるいお湯で楽しめます。1日歩いて冷えた体が一気にほぐされてゆきます

存在感が抜群の湯で、とても気に入った。源泉温度が高いため、やや加水されているのが残念であるが、源泉の泉質の特徴はほとんど失われていない。

92年にこのログハウススタイルとして生まれ変わったそうです。露天風呂もできて、私の好きな白い湯(内風呂は普通の透明湯)。

露天風呂は硫黄の湯華が花びらのように浮かぶ。青がかったエメラルドグリーンだったが、入っているうちに、だんだん黄色が強くなってきた。硫黄が大量に舞う。

部屋に露天風呂がついているものもあったんだが、硫黄泉の為、結構臭いがきつそう(^^;建物の造り、お風呂の設備と、部屋のアメニティなんかは千姫物語。

ラッキーいやぁ〜温泉、サイコー。湯元温泉からのお湯らしく、かなり硫黄の臭い これが効くんです。熱いけど、露天でのんびり。1人だけ。ちょっと泳いで見たり。。。

中禅寺温泉には独自の源泉はなく、10数km上流の湯元源泉からの引き湯でございます。それでも浴槽に注がれる温泉には、濃厚な硫黄臭がしまして湯の花も浮いておりました

「アジアンガーデン」というところです。インド人の方が経営されているらしく、受付の方も日本人でないので少し戸惑いますが、お湯は源泉かけ流しで、とても良いお湯です。

今日は日光山水というホテルの日帰り入浴へ。800円で名入りの浴用タオル付き♪決して広くはないが、展望風呂が自慢で中禅寺湖が一望できる。

カテゴリ:栃木県:温泉|テーマ:中禅寺温泉|更新日時:2017-10-20 01:10:46

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>