この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-07-08 23:07:11

「四万やまぐち館〔群馬県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

うちがここに来るお目当ての法師乃湯は湯殿もレトロモダンで素敵なのですが、究極のかけ流しと言っても過言ではない湯船は、底からプクプクとお湯が湧いているのです。

外見の変化はほとんどありませんが、玄関を入るとまず段差がなくなった事に気づきます。ロビーも広々スッキリして落ち着く雰囲気です。

大浴場の「つぼ湯」には、浴室の片隅になぜか如来像が立ち、露天風呂のうち一つが「お題目露天風呂」という名前でした。お題目??

本館のお風呂は四万川の清流沿いに広い露天風呂があります。硫酸塩温泉で肌がキュッキュッする感じかな。熱からずぬるからず、本当に気持ちよかった。

お泊りは「やまぐち館」。部屋からはキレイな景色が眺められ、四万川の透明さにびっくり。小さな温泉街をプラプラとしながら、摘み食い。「焼きまんじゅう」。

夕食後、おかみによる「紙芝居」や、太鼓の生ライブ、カラオケなどが有り、最後に「夜食」と飲み物まで・・・・・もう、全てに満足の<★みっつ>でした(笑)

露天はとにかく広い。何十人単位で入れます。奥のほうからは熱い源泉が流れています。真ん中あたりが一番適温の41〜42度くらいになっているかな。

義父も露天風呂に入る事が出来、喜んでいました。全面バリアフリーという訳ではありませんが、玄関先ではスロープ台を設置してくれたり、不自由なく安心して利用出来ました

そして、こちらが今回のお部屋。奥の部屋には掘りごたつもあったよ。窓からは、旅館のすぐ側を流れる四万川を眺めることができま〜す♪

母と妹に心配されながら大浴場へ いやぁ〜!気持ちが良い! さらに露天風呂は、天気も良くて最高〜! のぼせない程度にゆっくりお風呂に浸かってリフレッシュ

食事が終わり、この宿名物の女将さんによる紙芝居を見に行きまた昼とは違う(男女入れ替え)露天風呂につかり早々にお布団へ入り休みました。

地元の食材を使った料理の数々。中でも下仁田産こんにゃくの漬物!とかはすごく印象的でしたねー。不思議な感じがしました。お酒はもちろん(?)、地酒「水芭蕉」です

旅館内のお手洗い案内  『履物は揃えてネっ^^』 可愛いっす そんでもってしっかり貸切露天風呂! 入浴シーン見せられなくて残念 (*^m^*)

この旅館は女将が毎晩紙芝居をしてくれるところで、紙芝居が始るころには続々と宿泊客が集まって この日は「みにくいアヒルの子」の紙芝居でした!

一人2万2千円だったが、料理も山の中だからこそ山菜やきのこや肉をメインとしていたし、何よりサービスが抜群だった。思い返してみても、今まででも相当いい旅館だった。

いやぁ〜、こちらの露天風呂は最高でした。これはかなり珍しいと思いますが、この露天風呂の脱衣所は、純和風の造りで全面畳敷きになっていました。

俗っぽい宿なのかと思っていたら(重ね重ねごめんなさい…)、丁寧なおもてなしの、気持ちのよい宿でした。川のせせらぎが心地よく、お風呂もお料理もよかった♪

名物女将プロデュースの化粧水も使え、女性の一人旅にお勧めである。さらに、夜にはイベントがあり、特に女将の紙芝居には癒される。

この旅館には前に宿泊した事もあるのですが、夕食後のスタッフさん達の太鼓などのパフォーマンスに女将が紙芝居を読んでくれます。

御飯も白飯ではなく手の込んだ五目御飯 あんまりにもおいしくってお櫃の中を空っぽにしてしまいました。もちろん食事はぜーんぶもれなく平らげてお腹は大満足です!

夕食後は旅館の職員手作りのイベントが行われていた。やまぐち館名物の女将さんが自ら行う紙芝居。朗読がかなり上手で大人も子供も聞き入っている様子であった。

大型旅館は普段あまり行きませんが年末で急な予約だったためこちらに決めました 賑やかな時期だったりしたのでたまには賑やかにもいいかなーと思いました(〃⌒ー⌒)/♪

肝心の温泉は、湯に情緒があり、湯上りになんとも云えない余韻がある。お風呂には様々な石鹸やシャンプーがあり、いろいろ試すことができるトコロが商売上手。

昔おもちゃを売っていたり、女将が紙芝居を読んでくれたりとなんだか懐かしい雰囲気。えぬこはまだボーっとしてましたが、2〜3歳なら楽しめそう。

山なのにお刺身はなかなかいいものが出て来たが、その他は鍋に入っていた上州牛くらいで後は、10数年前に行った時に料理が美味しかったと言う印象が大きく覆された。

夕食後には、従業員の方たちの太鼓ショーを見ることが出来て、子供たちは喜んでいました♪日によっては女将の紙芝居なども楽しめるようですよ。

料理も美味しく(量が多かったあせる)、お風呂も1泊2日なのに4回入り(全部違うお風呂です)、つかの間の気分転換ができました。

高齢者の母にもうれしい気遣いの多い宿でした。着いたらすぐに甘酒とお茶とお饅頭が、ロビーの喫茶店で出て、部屋に着くと、お菓子とブルーベリージュースと、お漬物。

お酒は「水芭蕉」という吟醸酒。すっきり、辛口でとっても美味しかった〜♪そして、特に美味しかったのが上州牛を使ったお鍋。ごはんは、たけのこの炊き込みごはんでした〜

お風呂も良いけど食事もすごかった。とにかく品数が多い。うれしいことに献立が書かれた栞もくれた。その栞を見ながら確認して食べた。

内湯は温泉の湯気がたちこめてあり、温泉スチームで顔がしっとり♪もちろん、お部屋もきれいですし、お食事もとてもおいしかったです。

サプリメントのCMにも登場する、超美人な女将さんに会えるだけでも幸せな旅館です。今回は家族旅行で来ちゃいました!はるちんもフル回転。お風呂に何回も入ってました。

カテゴリ:群馬県:宿/ホテル|テーマ:四万やまぐち館〔群馬県〕|更新日時:2017-07-22 07:07:00

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>