この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-04-20 03:04:04

「岸権旅館〔群馬県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

私は、今回一人で宿泊だったので、ツインのお部屋でした。・・・旅館なのに、ツインの部屋があるあたり、面白いんだけれど、レトロな感じで、なかなか素敵でした。

それはともかく諸記事の内容はいまいちでした。ありきたりの定番じみた内容で仲居さんの間が悪かったりと老舗にしては点数が低いものでした。お湯は90点なのに残念。

ここの旅館の気遣い、チェックインした時に「忘れ物をした時にご自宅に連絡をしてよろしいでしょうか?」という、チェック欄があるのが凄いです。

六左衛門の湯は、夜だったので展望は楽しめなかったものの、すいていてゆったり楽しめたし、権左衛門の湯は目の前に紅葉を眺めることができた。

何しろお湯がよくて、伊香保に5本しかない源泉のうちの1つの湯元ですので、どんどん流しっぱなしで加温もしない、地中の温泉そのものに浸かれるところが重要な点です。

右側の大人一人がやっと入れる湯舟。これはかけ湯用だと思っていたが、入ってみると、大好きなぬる湯。ずっと入っていられる。じわじわと温まる。

お湯は茶色くにごって、まさに黄金色。温泉は、源泉かけ流しです。 男女合わせて、10の浴場があって、貸切、大浴場、露天風呂とまさに温泉三昧、飽きるまで堪能できます

ウエルカムお茶とお菓子。お部屋は普通。窓からは見えるのは赤城山?お部屋での晩御飯♪上州牛のサーロインをはじめ、盛りだくさん。

お部屋は普通。窓からは見えるのは赤城山?お部屋での晩御飯♪上州牛のサーロインをはじめ、盛りだくさん。

お風呂はこんな感じで、露天2つ、展望風呂1つ、大浴場の4つがありました。他に予約制(料金別途)の貸切風呂やミストサウナなんかもありました。

女湯の湯は左右は木の壁がありますが、写真のように情緒と開放感があります 適温でいつまでも入っていたい位気持ち良く、お肌もツルツルになりました

旅館裏の離れには露天風呂「権左衛門の湯」がある。23時までなので、寝る前にひと風呂浴びることにした。湯浴み後の休憩の座敷。落ち着いた雰囲気が感じられる。

泊まったお宿は温泉中心街にある老舗の<岸権旅館> 大きな旅館なのでいろんな意味で期待していなかったんですけど、これがなかなか、いいお宿でした。

岸権は御風呂すべてがこの黄金の湯。源泉かけ流しで、湯船からはお湯があふれている。循環ろ過、加水、塩素消毒など一切ない。

夕食は部屋食で、「上州がはぐくんだ味 豊かな食材と上州牛が作り出す和御膳」というもの。

まずレトロな喫茶室で、チェックインと、お茶をもらいました。そして、部屋に案内されました。今日は、最上階の洋室です。かなり、レトロな作りです。

源泉かけ流しのそのお湯は、まさに、the源泉!の濃さが楽しめる豊かな湯。同行者の情報によると、豊富な湯量を湛える伊香保の中でも、岸権旅館は格別に湯量が豊富らしい

翌朝はバイキング!和食も洋食も用意されていてシェフが出来たての卵料理も作ってくれます。焼き立てパンがずらりと並んで、妹と母とではしゃぐはしゃぐ。

露天風呂といっても単に外、というだけのものも多いが、ここは上州の山々の景色も取り込み、心身ともにくつろげる露天だった。

部屋は、まあ普通ですが、綺麗ですね。窓の外は崖に面しているので、結構山の上という感じです。床の間に生花が一輪挿してあったので、なかなかちゃんとしています。

大浴場に入った後は 離れの露天風呂へ。いったん外に出て道路を横断するのですが道路の雪は凍っていて、滑る滑る・・・。次女と二人で大冒険でした。

従業員さんたちのサービスはとてもよかったです。また、あちこちに書の掛け軸やら水墨画やらが飾られていたので、書道をやっている人は楽しめますよ。(^.^)

利用してみて実際にはどうだったかというと…。泉質はもちろん、旅館の方々の接待、料理、客室の快適さなど、全般的になかなかよかったですねー。

お食事は、夜はお部屋で朝はビュッフェ。お湯目的で行ったから、食事に大して期待を持たなかった(珍しいこともあるもんだ)けれど、そこそこ満足のいくご飯でした。

温泉が三箇所あって楽しめます。それぞれ趣違うところです。お食事もとてもおいしくて、特に朝食のパンはとてもおいしかったです。

此処はちょっと違った。量が少ない?写真の他に「台の物・上州牛サーロインの源泉蒸」、温麺、旬のフルーツ。しめじの釜飯は全部食べたし源泉蒸は美味しかった。

毎分300リットル強の湯量を有しており、伊香保温泉の全湧出量の約1割に相当した【黄金の湯(伊香保温泉本泉)】です。贅沢極まりない温泉旅館です。

まぁ宿に泊まる時に肝心なのは“部屋”“風呂”“飯”かなと思いますが僕の見立ててでは部屋=◎風呂=◎飯 =◎てな感じでした!要は全てにおいて大満足って事です!!!

岸権旅館は、石段の途中にあって、立地もばっちり。温泉も源泉掛け流しという事で、とても楽しみでした。展望大浴場の「六左衛門の湯」 に、まず入りました。

右の画像は、そのなかの一品、牛肉と野菜の蒸しもの。なんでも源泉を使って蒸しているらしいのです。そのせいか、ふっくらした感じに仕上がっていて、おいしかったです。

お風呂も、男女3種類あり、そのうちの2種が露天風呂。旅行を思いついたのが遅かったため、プランが選べなかったのですが、お風呂が良さそうね〜と決めてみました♪

老舗にありがちなぞんざいな態度は皆無、「歴史ある」という枕詞に隠された単なるオンボロ宿でもない。従業員はみんな親切丁寧、館内は適度に清潔。

カテゴリ:群馬県:宿/ホテル|テーマ:岸権旅館〔群馬県〕|更新日時:2017-04-29 11:04:53

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>