この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-12-04 19:12:21

「強羅花壇〔神奈川県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

なんとも見た目はペンションのようなお宿 しかし中はすっごく広くてきれい こんな素敵な渡り廊下があったり 温泉もご飯もサービスも最高によかった

食事は、季節感に溢れる演出。見た目にも鮮やかです。お味の方は、十分に美味しいのですが、期待が高すぎたのか若干肩透かし感あり。御造りがやや残念。

今回は両親のお祝い事を兼ねた旅行だったので、両親達にはこの宿の一番人気の”円形檜露天風呂付き貴賓室を、私たちは最上階にある”バルコニー付き貴賓室を予約しました。

温泉に何度もつかり,部屋でゆっくり過ごし,贅沢な時間を過ごすことができました。部屋は,スタンダードということでしたが,それでも通常一人57000円するのです。

今回のお部屋は4階の桔梗の間。檜のお風呂、そしてミストサウナがある広々としたお部屋でした。檜のお風呂なのにジャグジーも付いていて大満足。

後でわかったのですが、浴衣と共に置いてあった花壇マークのついた渋い布の巾着袋、持って帰ってよかったらしいのです 何も聞いてなかったから、持ってきませんでした

「強羅花壇」の代名詞ともいえる有名な柱廊空間 この右手が、お土産を扱っているブティック。こじんまりしていながら、センスの良い小物やこだわりの食品など内容は充実。

まず最初の突き出しに感動です。それから次々と素材の生きたお料理が運ばれて、最後はイチジクのゼリー生クリーム添えまでと・・とても満足でした。

強羅花壇といえば、『回廊』と言われる程有名なのです。上手な言い回しが思いつきませんが、存在感大、圧倒されてしまいます

プールには水着のみを持っていけばOK!更衣室にはシャワーブース、化粧台があります。(こだわりのお化粧品があれば持参することをお薦めしますが・・・)

ロビーはあまり大きくはありません。こじんまりとしているところも気に入りました。ここで館内の説明を受けます。6階からの景色はとてもいいです。

縁側からの景色も素晴らしかったです。ウグイスの鳴き声も聞こえます。部屋はもちろん広く、いつでも温泉に入れ、サービスも抜群で、料理も最高でした。

お部屋はこんな感じでシンプルです。もっと、お高いお部屋は内露天風呂付だったりと、かなり豪華な様子。掛け軸の兎がかわいいぃ

高級旅館はアメニティやらタオルまでもが良質ということ。お風呂に置いてあったシャンプーや化粧品類もとても品物がよくて驚きました。さすが、強羅花壇。

なんでも昭和5年に建てられた旧閑院宮邸という皇族の建物で中世ヨーロッパの民家建築に見られるハーフ・ティンバースタイルという建築様式を採用しているそうです。

洗面台のそばにおかれた石の台の上には、紙の袋に入った「アメニティー 」が。それから、旅館ですがバスローブも。テレビは本間と次の間に液晶が1台づつおいてありました

そして何より行き届いた最高なサービスと料理!500mしか離れてない駅までのお迎えは、ピカピカのベンツでちょっとビビる。。。

こちらの宿の素晴らしいところは、料理や設備はもちろん接客です。強羅花壇で働くことに誇りを持って働かれている方ばかりでそれが伝わってきます。

夕食は本格懐石料理です。和紙に書かれたお品書きに従って絶妙なタイミングで出てきます。旅館にありがちな、お腹いっぱいで動けない量ではなく、あくまで適量。 素敵です

お部屋の露天、気持ちよかった〜♪女子トークも楽しかった〜。お料理も豪華だし、一流のもてなし、素敵な旅館でした〜。ビンゴの賞品当たらなくて残念ー。

箱根では「強羅花壇」に宿泊。これ↓朝ごはん。湯豆腐おいしくて、朝からご飯2杯も食べてしまいましたってかあわや3杯目突入みたいな勢いでした。(食べすぎ〜)

自分達が洋館から出る際はもちろん、駐車場に車を取り帰る際まで立たれており、自分らの車が出て行く際も、再びお辞儀をして挨拶してくれました。

今回私たちが泊った部屋は、スチームサウナ、檜風呂付き貴賓室。自分の部屋で、入りたいときにスチームサウナに入れるのは、贅沢だけど、とてもうれしいことでした。

座り心地のよい椅子が2脚と小さなテーブルが置いてあります。そして驚いたのは、カーテンがボックスの中に収納されていること!眺めを邪魔するものがありません♪

外国人から見ると非常に「じゃぱーん」な感じでいいと思うのだが、建物にお金をかけ、内装はところどころ汚れていたり壊れていたり。

ずっと泊まってみたかった、強羅花壇です 暗くなってしまっていたので、お宿内の散策は翌日に回し、浴衣に着替えてディナータイム お部屋でいただける、懐石料理でした

大文字焼きの山も見えてせせらぎの音が素敵に聞こえました 海外のお客さんも多いらしく洋風な和風な。。。何回も泊まりたい旅館でした

お部屋は梅。一階の露天風呂付きのお部屋でした。お食事するお部屋と寝室が別になっていてかなり広いです。

1人で1泊しちゃうと10万円しちゃいますwお高いだけあって別世界でしたね。「あぁ、こんな世界がこの世にはあったんだ…。」と、惚けてしまうような魅惑空間でした。

「和」なテイストのとてもモダンな建物で、「昭和」な洋館から長い廊下を通ってホテル側入り口まで来ると不思議に心地良い「気おされ方」をしました。

到着時のお迎え&出発時の見送り、付かず離れずの接客、さり気ない心配り、お料理の内容・・・、どれも完璧。驚いたことに、外国人(アジア系)のお客さんが多い!!

カテゴリ:神奈川県:宿/ホテル|テーマ:強羅花壇〔神奈川県〕|更新日時:2017-12-04 13:12:25

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>