この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-05-25 19:05:20

「富士屋ホテル〔神奈川県・箱根〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お部屋はとにか広い!天井が高い!部屋についているお風呂は蛇口を捻ると温泉がでてきます^^

室内は明治の建物ならでは少し不思議な部屋のつくり。意外に広さがあってとっても素敵。調度品もアンティーク。ちょっと日本じゃないみたい。

この部屋のある建物「花御殿」は築明治39年ごろのようです つまり105年前に建てられたもの 気分は明治時代へタイムスリップです

天井がものすごく高いお部屋でアンティークな雰囲気。お風呂のバスタブは猫足でした。ああ、こんな可愛いお部屋に住みたい。

ここが泊った“花御殿”女性に人気です! 花の名のついた部屋があり、部屋の扉も素敵 どんなお部屋か全て見てみたくなります。

富士屋ホテルは、福住楼よりも古い、明治11年創業。こちらも、国の登録有形文化財。

ダイニングルーム『ザ・フジヤ』にて。ビーフカレーを注文しました。あとからスパイスが利いてくる感じ。トッピングが6種類。レーズンがとてもよく合いました。

昼食でカレーを食べに富士屋ホテルのレストラン「ザ・フジヤ」へ。平日だというのに大混雑で50分待ち。お目当てのカレーの前に好物のコーンポタージュを注文(900円)

クラシカルな雰囲気,高い格天井、欄間には十二支の彫り物や高山植物、柱にまで施された彫刻、、メインダイニングそのものが美術館のよう。

お部屋にもたちあおいの絵が飾られています〜こちらはデラックスツイン、室内は見てのと折り、レトロな感じで微かにお香の香りが・・・?

有名なクラシックホテルだけに玄関ロビーは狭いが歴史を感じる。ロビー,レストラン棟は白い木造建築だが,宿泊棟は黄色い。写真4枚目の棟の2階が泊まった部屋。

天井の絵や彫刻が有名なホテル内のレストラン。普段はお客さんが2時間以上かけて食事をするようなフレンチレストラン。子連れではとてもとても行けません(-_-)。

明治から昭和初期に建てられたので古いことは古いんですが、お部屋はヘタなワンルームマンションより広い感じ。

せっかく来たので懐かしのシチュー。オム&ビーフシチュー 3500。。(高)やはりシチューは美味しい、お肉もいっぱい。

ココは本当に昔からのリゾートホテルで、外国人観光客の方も多くお泊りになったそうです。スゴイことに博物館まであり、過去の宿泊者名簿がずらりと保管されております。

モダンチックで興味があったのですが、私達は「西洋館」という建物に宿泊しました。しかし、このお部屋最高でした♪

16時から館内ツアーがある。ざっと80人もいた。シニアがほとんど。メインの客室棟である花御殿の内部見学もある。 なお、終了時には見学記念証がもらえる。

メインの入り口から私達の部屋のある棟に続く廊下。途中にはヘレンケラーやジョンレノン、皇室の方々など世界の著名人たちが宿泊した記録や写真などがたくさんあります。

宿泊したお部屋があまり良くなかったのでちょっぴり辛口コメントになってしまいましたが、雰囲気と接客は非常に良くて、満足度の高いステイでした。

私がこのホテルで好きなのは、細部のデティールです。照明とか、、トイレのタイルとか、、壁の鯉や金魚。今やったら 安っぽくなってしまう。遊び心は随所に。

資料室には歴史上有名な宿泊客の写真がふんだんにあって、なかなか楽しめました。ホテルの従業員も非常によく教育されていて、その接客ぶりが素晴らしかったです。

いわゆるロビーなんですが、その昔、宿泊客の余興にマジックをしてたことからこの名前がついたんですって。なんとも贅沢な空間・・・。

カレーで有名な富士屋ホテルへ義祖母とだんなと3人で行った。 とにかく道が混んで混んで・・。 ここまで混むとは予想せず。

日本初のホテルなんだとか・・・? 古くっても、しっかり手入れが行き届いていてキレイです☆

あの有名な富士屋ホテルはどんな所だろう〜と楽しみにしていました。日本三大ホテルの一つということで、とても趣きのあるホテルでした。

ここも10年前に泊まって以来、久しぶりに来たけどやっぱりステキだよー。かっこいい!憧れは変わらないまま。今日は泊まれないからお茶しにやってきた。

ホテルは明治時代のまんまで、ホントに古くタイムスリップした様です なんか「千と千尋の神隠し」のモデルになったホテルだそうです

今回は「花御殿」という、昭和初期建築の建物に宿泊しました♪ 部屋には番号だけじゃなく、花の名前もついています。

明治11年、創業130年を誇るクラシックホテル。レトロモダンな建築は一見の価値あり!ゆったりとした客室に温泉が引かれたお風呂もつく。

広さは十分で全く窮屈感を感じさせません。また見えないところまで素敵な装飾の施された独特のデザインのお部屋です。

今回も期待せずに行きましたが、そこはスイートですね。とっても快適でした。シャワーもベッドも問題なし。何より部屋全体が重厚感に溢れてました。

実際ホテルに入って中を見ると壁紙がボロボロにはげてたり、椅子が古くてすりきれてたり、結構ボロさが目についたんですよねー。

ホテルなのにお部屋のお湯が温泉という点はうれしいポイント。ゆっくりお風呂に入っていつもよりぐっすり眠ることができました。

お部屋は西洋館の1階。明治時代につくられたので、家具は古い品の良さがあって、天井は高い。部屋には大きな洗面所があり、温泉の出るお風呂もついています。

1878年創業という明治時代からの建物もあり、和洋折衷織り交ぜた建物はとても趣があります。外観もさることながら、中もとてもいい感じです。

もともと外国人向けに建てられたとあって、大きいドアに高い位置のドアノブ、ゆったりした化粧室など、日本人の私達が小人になったような錯覚を起こさせます。

天井が非常に高く、これ以上ない位開放的な雰囲気。白が基調の部屋なのに、何故か落ち着くような。時間が静かに流れるような。とにかく素晴らしいの一言でした。

高級ホテルだが、クラシックホテルということもあり、施設は全体的に古びていたが、それも味というもの。

ウォークインクローゼットも有ったり、洗面所はWDWグラフロを彷彿とさせる感じで、元々外国人向けだっただけ有って、日本のクラシックホテルとは違う感じです。

カテゴリ:神奈川県:宿/ホテル|テーマ:富士屋ホテル〔神奈川県〕|更新日時:2017-05-24 16:05:46

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>