この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-22 05:09:03

「土肥温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

遅ればせながらの夏休み、西伊豆へ行ってまいりました。ちょっとフンパツして(わたしにしては)、お宿は「無雙庵枇杷」。

土肥温泉は伊豆西海岸の最大の温泉町で、共同浴場は4カ所あります。数年前にこのうち3カ所に入ったので、今回は前回入り損ねた弁天の湯を訪ねました。

行ってみると露天というより、涼む所が外になっててこのお風呂専用の小さい池が見渡せるようになってます。そこでは鯉が泳いでいて6月中だと野生の蛍が見えるそうです

21日日曜日からお友達と’颪如\轍県の《土肥温泉 ホテル喜代治館 》に行ってきました

今回はおいらの希望で民宿にお世話になったのが、湯あみの宿 潮騒さん。土肥温泉の此処は相方が探してきました。流石です!

年度末は忙しくて2泊の旅行がなかなか出来ない。。。で、今回は2009.2.21〜2.22の1泊で伊豆に行った。

私が気に入ったのは露天風呂に併設されている洞窟の湯。ホンマ洞窟です お湯の蒸気がほどよくこもってて自然のスチームサウナのようでした

水、汚れにつよい畳を全館に敷きつめた花模様の4000畳は露天風呂にまで及ぶ徹底ぶり・・・他に類をみない和風旅館の神髄、伝統文化の粋・・・とか

畳四畳ほどの湯槽でとても清潔ですが硫黄の臭いもしませんし塩分も有りませんでした。さら湯の様な感じです。石鹸・シャンプーは有りません。

お湯は混合により泉質はCaNa-硫酸塩塩化物泉となり無色透明・無臭・微塩味だそうです。もともと熱いお湯で露天は加水しても良いが、内湯はNGだそうです。

内湯は時間制で、1階と2階が男女入れ替われるようになっています 土肥館の湯は、源泉かけ流しで24時間入浴可能です。

土肥の温泉は6つの源泉からの混合なのだそうで、そのせいなのか、湯がやわらかく肌にやさしい感じがすごく心地良いです。

三津シ−パラダイスでイルカショ−を楽しんだ後、本日のお宿 土肥 ふじやホテルへ到着。奮発して客室露天風呂付きのお部屋にお泊り♪

まずは内風呂。洗い場も併設されており、大浴場を利用しなくても、ここ1つで用が足せますね。こちらのお湯はかなり熱かったです。

早々と今宵お世話になる「土肥温泉ホテルみなみ荘」へ。宿では、温泉の湯が冷えた体を心から温めてくれた。貸切露天風呂と大浴場。

『海花亭 いづみ』ということろにお世話になりました。今回も露天風呂付のお部屋にしたんだけど、まー!広い。

普通の共同浴場なので男女別の内湯がそれぞれひとつあるのみですが、男の浴室の小さな窓からは海水浴場を見ることができ(眺望はききません)、潮騒の音も聞こえてきます。

直径2mの檜風呂は実際に行ってみると写真で見るよりも開放感があり、眼下の湾を一望できるオーシャン・ビュー。

自分専用の袋の中にタオルや髭剃り等が入っていて、ちょっぴり嬉しくなりました。温泉は7階最上階にあり、展望大浴場と露天風呂の2種類に入ることができます。

ココのは泉質は『弱アルカリ単純泉/弱塩泉/含食塩石膏泉』でスゴイ良かったなぁ〜♪つか、海側の温泉はコレ系が多いよね。

貸し切り露天風呂はごぢんまりとした岩風呂が中々の雰囲気を醸し出していました。ただ、お湯が無色透明無臭だと、温泉って気分は出ないです。

大浴場は本館にあるので ちょと遠い お湯がぬるめで 長く入っていても大丈夫な感じ この貸切風呂「山水」は 源泉かけ流しで 温度が高めです

温泉の方ですが泉質は、カルシウムナトリウム-硫酸塩塩化物泉です。泉温は57.5℃。ph値は不明。ちなみに土肥温泉は、六種の源泉を合わせた混合泉のようです。

今回の宿は枇杷。土肥の高台にあって部屋からは海が見える部屋も広くて小さいけれど露天風呂の付いていた。温泉好きのオカンは大喜び

今回の夏季休暇は西伊豆『土肥温泉』にある。  土肥ペンションに3日間☆泊まってきました。。。(^0^)b

土肥温泉の交番跡に足湯が出来ましたww土肥温泉の信号の先のお土産物屋の側にあります

カテゴリ:静岡県:温泉|テーマ:土肥温泉|更新日時:2017-09-19 16:09:41

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>