この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-05-21 14:05:29

「松崎温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

山を切り崩したところ、山側の岩はそのまま利用し、内側と底に石を積み・敷詰めてお風呂にしてあり、山の自然の中でお風呂に入ってる感じでとても気持ちいい。

日没前にお風呂に入ってこよう。まだ早い時間だったせいか、貸切だ。カメラを持ってきてよかった。16:22 沈む夕日を見ながらの入浴は気持ちがいい。

石部へ着いてからカヤックや道具をかたづけて近所の子供も連れてみんなで平六地蔵露天風呂へ行きました。無料の広い露天風呂で今日の疲れを癒しました!

女湯には、人がいるようだったが、男湯は、無人だった。入浴料500円で貸切状態。驚くほど透明な湯、こぶだしのように柔らかいあたりで、42〜43度の適温だった。

温泉はもちろん源泉かけ流し。ただ、源泉の温度が42度ぐらいと低いため、冬期は加温するそうです。それでもかなりぬるかった……

伊豆の松崎『大沢温泉 山の家』のお湯 浸かって来たなりよ〜。 ひなびた感じがとっても良いのよ。 久々に何の設備も無い脱衣所が秘湯っぽい。

今夜の宿は伊豆松崎温泉「海浜荘」。 ネットで情報収集をして見つけた宿だ。 「海浜荘」に到着。 旅館の前に5台のバイクを発見。

小松ビューホテル、屋上にはこんな大きな露天風呂もありますぞ。煮えたぎっているね・・・アハハ  ジャグジーですよ。黒木瞳主演の失楽園で撮影地に使われましたと・・・

本日の宿泊の宿の松崎へ!舟盛が出てかけ流し温泉が出る民宿?旅館?との宿〜。 その日の夕食は、想像を絶する豪華料理!!!!!!

舟遊びを楽しんだ後は、松崎温泉のお宿「炉ばた館」へ。ボロい民宿だと勝手に想像していた太鼓屋はちょっとビックリ、ちゃんとした旅館でした。

石部にある平六地蔵露天風呂なんですが、ツーリングマップるによると「広い湯船の混浴露天風呂 無料」だというんですよ(*^_^*)

シャワーは内湯に3つ位?露天の方にも1つありましたが、学校のプールのシャワーみたいな上からお湯が降ってくる式のもので、イスもカランも桶もありません。

棚に脱衣籠が置いてあるだけです。無料なので、文句を言える筋合いではありません。誰からも見える環境ですが、女性でも浴衣などを着用しての利用が可能です。

入浴するとただの水のようにも感じるくらいクセのないさらっとした浴感ですが、身体に染み入るようによく馴染むいいお湯でした。

町中を散策するとノスタルジックな雰囲気は、どこか懐かしいような感じになる。松崎温泉はナトリウム、カルシウム硫酸塩泉で神経痛、冷え性などに良いと言われている。

大沢温泉には沢山の旅館があり、旅館のお風呂にも入れるが、奥まった「山の家」の露天風呂は川の際にあり、風呂の背景が素晴らしい。

熱めのお湯が自噴している加水もなしの100%源泉掛け流し露天風呂。 以前来たときよりぬるすべ感が減っているような気がしましたが、まあいい湯でした。

松崎町にある石部温泉 平六地蔵露天風呂。誰でも無料ではいれる混浴露天風呂です。10月8日のお風呂はちょっと熱め。 底はコケでぬるっとしてました^^;

平六地蔵露天風呂です。少しぬるいです。冬は入れないみたいです。が、湯船に湯があったので入りました。客は誰もいないのでほぼ貸切状態でした。無料です。

お風呂は3坪くらいの広さで山の斜面にそのまま掘られたという感じです。温度は源泉そのままで適温です。特に温泉ぽいにおいはありません。

この日の宿「松崎温泉」に到着。部屋からは、駿河湾が一望出来て、さぞかし、夏のシーズンは、とてもいいでしょうね。

ひなびた外観がより旅愁を誘います。露天風景 お客さんが居なかったので撮れました。出た後もポカポカして気持ちいいお湯です

山間の清流脇にある「大沢温泉露天風呂」で一休み。ゴボゴボと豊富に湧き出すお湯は湯加減も丁度よく、手足を伸ばしてゆったりと浸かります。

露天風呂は女性優先で、男のひとは入る時間が短いんだとか。(女性同士で行くには、いいけどね。)美人の湯だって でも、蛍なんか飛んでて、自然いっぱい。

西伊豆の松崎町へは旅行で土肥から下田への通過点として素通りするのみでしたが、今回初めて松崎伊東園ホテルに宿泊しました。

ここは入るだけで、お肌が超スベスベなんですよぉ!!別名「化粧の湯」って言われているだけのことはあります!本当におもしろいくらいスベスベになるんですよぉ!

カテゴリ:静岡県:温泉|テーマ:松崎温泉|更新日時:2017-05-21 21:05:23

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>