この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-04-25 01:04:23

「新富良野プリンスホテル〔北海道〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

北海道、そして富良野産の食材を使った料理ばかり。いいぞ〜♪富良野玉ねぎのオニオンフライの甘いこと。アスパラもウマウマ。ポテト料理もカニもお刺身も美味ち〜〜い!

このコのおかげでこの旅行中、ずっといいお天気でした。富良野での2日目の夜なんて、皆既月食がきれいに見れたんですよ〜♪

さすが北海道。野菜は地元産だけあって新鮮。大人数が入る会場ですが、料理はこまめに出来たてが補充されるので遅い時間帯でも安心です。

夕食は最上階にある「ラウンジオブトップフラノ」で洋食のコースを食べました。前菜は温キャベツのサラダですがこれが美味しい。こんな単純な料理で驚きでした。

今回の部屋のタイプは『ツイン』部屋を入るとまずは『てるてる坊主』のお出迎え 翌日の天気予報に傘マークがついていたからだと思うのですが、嬉しいですよね、こういうの

今回のお部屋は“西富良野岳View”。夜ライトアップが消えると真っ暗・!漆黒の闇・!・!夜も明るい東京ではお目にかかれない光景でした。

このお部屋で最も有り得なかったのが、この洗面スペース。ぬあんと、入り口のドアの横にあるのです(涙)。

夜はイルミネーションが灯りとても幻想的な雰囲気になります 母さんはこのニングルテラスにもう一回行きたいと言っていました。ですから今回も同じホテルを選びました。

新富良野プリンスホテルのお食事は、最上階。十勝連峰が綺麗に見えてて、眺めはとても素晴らしいものでした。前回のバス旅行が・・・だったので、雲泥の差でした。

宿泊は新富良野プリンスホテルにて。ゲレンデ前だし、設備もメシもなかなかだし、良かったス。

ここは、去年ニングルテラスに訪れて、もう少しゆっくりしたいと思っていた場所ですので、なかなか楽しめました。

2食付のお得なプランを見つけたので泊まってみました。窓から見えるのは大雪山の峰々。景色はなかなか良いです。

本物の温泉好きの私にとっては塩素入り・・・がちょっと残念なところですが(*^m^*)清潔でサービスが行き届いていて、とても気持ちがよい。

森の中にそびえたつホテルってイメージでした。このホテルは『北の国から』の倉本聰さんプロデュースの喫茶店(ドラマ「優しい時間」のモデル)があるんですよ。

これが「森の時計」です。なかなかいい雰囲気。 ただ、中は観光客で一杯で、入った瞬間に「優しい時間」を感じて……、って感じじゃなかったですね。

宿泊先の新富良野プリンスホテルへ移動。プリンスだけあって広々としたロビー、お土産売場、フロントの対応、素晴らしかったです♪

東京に出張いったら赤プリ、北海道にスキーならふらプリ。で、今回富良野に行くとなって、新しいホテルとか出来てるのかな〜?と思ったら、相変わらずのふらプリでした。

ホテルの向かいには倉本聰さんプロデュースのニングルテラスという森の中に小さなお店が並んでいます 夜はライトアップされていてかわいい雰囲気でした

ホテル前で車を降りたら、聞こえてきたあの歌声!♪あーあーあああああぁーあ(by さだまさし)♪ そうです。あの 『北の国から』 のテーマ曲。ちょっと笑えました。

バス・トイレが完全にビジネスホテルのユニットバスだったりというとこがいまいち…フェリーのユニットバスよりはさすがに少し広いけど。

12階の十勝岳を正面に一望できるレストランで、朝4時起きだったので、5時半に1番乗り。お客さんは私達だけなので、次から次に待つことなく供されました。

周りには、ゴルフ場、スキー場、ロープウェイ他、さまざまな施設があります。今回は1泊でしたが、もし次回来る時は1週間ぐらい滞在したいような場所でした。

大自然の中にあるリゾートタイプのこのホテルには周辺に見所満載 しかも温泉もあるし・・・・・ ホテルで温泉に入れるって温泉好きにはたまりません( ´艸`)

実際宿泊してよかったのは温泉施設 しかし、部屋から、かなり距離があって、3回くらいエレベーターで移動が必要で温泉施設にたどり着くまでが大変でした

■バイキング最高夕食のバイキングには感動!。品数も多く、地元の素材を生かした料理で最高。(やっぱり夕食はプリンスのバイキングがイイですね)

マイナスイオンたっぷりの森の中を散策するととても気持ちよく、奥に行くとこんなに綺麗な小川が流れています。鳥のさえずりも聞こえるし、癒される〜('∀' )

夕食は和食レストランか洋食レストラン、またはバイキングです。ワタシ達はバイキングを選びました。何れもハズレ無し。おいしかった。食べ過ぎた。

お部屋は広々。清掃も行き届いています。若干、水回りが古くなっていて、シャワーのお湯の温度調節が自動でなかったりするのが残念ですが、ま、快適なお部屋でした。

サウナは木の香りです。とても清々しい早朝の森林の中にいるようです。が、サウナに長居できない自分は深呼吸くらいで出てきてしまいます。

さすがホテルのカレーだわぁ〜。とても上品な味がしたわ。白い色を保ちつつカレーの風味をつけるのは大変なことだと思うけど、ちゃんとカレーの味になっていた。

朝食は、プリンスホテルでバイキング。ここは種類が多く、全ては食べきれませんでした。お勧めは「ふらのMILK」と「ふらの濃いヨーグルト」かな?

北海道での1泊目は新富良野プリンスホテルでした。部屋に可愛いテルテル坊主がありました。いいお天気になるようにとの心遣いが感じられました。

寒〜〜〜い 外から帰った後は 紫彩の湯 へ 露天風呂もあり、とっても気持ちよかったです〜

アトラクション風呂としてラベンダー風呂がありました。さすが富良野ですね。ラベンダー風呂は温泉ではありませんでしたがラベンダーの香りでリラックス効果抜群です。

カテゴリ:北海道:宿/ホテル|テーマ:新富良野プリンスホテル〔北海道〕|更新日時:2017-04-24 11:04:03

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>