この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-11-22 04:11:34

「フラノ寶亭留〔北海道〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

夕食は、“富良野フレンチ”。地元で取れた野菜は甘味があり、十勝牛は旨味たっぷりで富良野産赤ワインと一緒に頂きました。

左の写真はロビーの一角です。ここでお茶をいただきながらチェックインします。ため息が出るような、見事な一枚板のテーブルです。

1泊でしたが温泉に入って、美味しいお料理に素敵なお庭。スタッフのサービスも気持ち良かった(*^_^*)またいつかラベンダーの季節に来てみたいです。

最終的にはまた行きたいホテルになりましたが、最初はこのホテルを選んで失敗?と思いました。

部屋の窓からは一面ラベンダー畑が・・・♪7月のシーズンはあっという間に予約がうまってしまうそうです。確かにこの眺めは素敵でしょうね。

ここの21時〜24時までOpenするバー。ほとんどのドリンクが無料なのです!静かな音楽が流れる中、お値段も気にせずに好きなお酒を楽しめる。これぞ、幸せですな。

ロビーの大きなテーブルの上に作られた照明なのですが、これ、牛乳瓶をリメイクして作られています。とってもすてきだなーと、思いました。

なんだかとっても良さそうな感じ! チェックインの手続きをする場所にある照明は「ふらのMILK」の空き瓶を使っていました。なかなか面白い発想ですよね^^

アメニティーはロクシタン。最近は、ロクシタンを置くホテルが多くなりました。今回は惜しげもなく使ってまいりました。なかなかよい香り♪。

ホテルの中に入った途端、なんとも言えない癒しの雰囲気があるのです ゴージャスとか派手さはないのに、開放感があってモダンで・・・そして最高に落ち着ける・・・。

内装はいたってシンプル。“必要以上に飾らない”というのをモットーにしているそうです。でもゆったりとしており、清潔感あふれる部屋で、過ごしやすかったです。

「なんだかんだ言ってもがんばってるじゃん、オレ」と、自分を褒めてみたり。そんな自分へのご褒美として選んだ宿は・・・

ホテル自体は、シンプルモダンながら和のテイストも織り込まれて、きらびやかさはありませんがなんとも落ち着く大人のホテルです。

翌朝は早起きして朝風呂に入りに。昨日と男女入れ替えで、大きな檜風呂と岩盤浴を楽しみました(´∇`)

ロビーへ入って目につくのが、このなが〜〜〜いテーブル 1本の木そのままだね、、 テーブルの上には、あの?牛乳瓶のライトたのしい♪

ロビーからは、富良野の素晴らしい景色が見渡せます。ラベンダーの時期はキレイだったんだろうな〜ランプシェードは、牛乳瓶!すごく、可愛かったです☆

朝はゆっくり部屋のジャグジーに入り・・・遅めの朝ごはんを1時間かけて食べ・・・はぁ、幸せ〜♪たまには良いよね。部屋のアメニティも充実してました。

とんがったワインとカナダ産オマール海老のためにうんとコストを抑えたのだろうか?ふらの牛もパサついている。心底残念な気分になった

3万5,000坪という敷地の中に25室だけという贅沢な空間を持つホテルです。お部屋は大きな窓なので明るく、とても広く落ち着いたお部屋でした。

岩盤浴もありましたが、セルフで利用する形式でした。私が入ったときには誰も利用していなかったので、貸し切り状態で岩盤浴三昧を楽しみました。

ジャグジーバスは病み付きになります〜。ちなみにアメニティーは、プロヴァンスの香り溢れる「ロクシタン」。

お部屋はとってもシンプルでモダンな感じ このホテルは12歳以下のお子さまはお断りなんだそう 大人がゆったりとくつろぐためのホテル たまにはそういうのいいよね

これ、コースの中で一番おいしかったです。ブイヤベース風のお料理。あわびも、帆立も、サーモンも、全部北海道のものです。

富良野だと富良野と新富良野プリンスホテルの大型リゾート系かフラノ寶亭留の超高級宿もあり他はペンションが多い富良野なのでまずまずの宿であろう

フラノ寶亭留で宿泊&ディナー。木のぬくもり溢れるロビーに吊るされているランプは、なんと!ミルクの空き瓶。お・しゃ・れ。

ホテルに入ってすぐのところに暖炉(?)があるのですが、とっても素敵・・・♪ パチパチパチ・・・っていう音が良いです。

中でもきたあかりのスープにラベンダーのコンソメジュレの組み合わせは香りがほのかに漂い。とても美味しかったし野菜系ははずさなかったですね。

フラノ寶亭留でのディナーは、最高でしたヾ(@^(∞)^@)ノ北海道の食材を使って、丁寧な仕事。優しいお味でした。

まずはアメニティーのかわいさに泣きそうになった。かわいい巾着に入ってる(T▽T)そしてロクシタン!バスローブも館内着もかわいい

半田シェフの富良野フレンチは素材感があり優しい味わい自家菜園の野菜は彩り鮮やかでどれも素材の甘みを感じる。特に朝の光と共に味わう新鮮な朝食がひときわ印象深い。

<お部屋編>部屋のベランダにある椅子に座り、目の前の5,000株のラベンダーを眺められます。とてもいい時期に泊まりました。

洗面スペースはこんな感じです。受けのシンクが浅すぎて水が弾けまくりでしたwおいwシャンプーとかはロクシタンだったような。

結局、飲み物だけがセルフ方式で、あとは一点一点持ってきてくれるスタイルでした。(ホテルの畑で収穫した野菜をふんだんに使ったサラダと、ドレッシングが最高でした)

カテゴリ:北海道:宿/ホテル|テーマ:フラノ寶亭留〔北海道〕|更新日時:2017-11-20 08:11:01

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>