この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-06-23 09:06:55

「ホテルニドム〔北海道・苫小牧〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

中はこんな感じです。木っていいですよね。なんか落ち着きます。薪を使う暖炉もありました。使ってもいいみたいです。1階寝室のドアからでたらテラスでした。

10年ぶりに再訪してみると、木々が大きくなって緑が濃くなったような気がします。ちょっと天気が良くないけれど、しっとりした雰囲気が味わえます。

夕食は本館のレストランで試食しましたー。レストランでは白人の綺麗なおねーさん達による弦楽4重奏?があります。生演奏大好き♪

散策、というよりは軽いハイキングが出来るほどです。今日は森の動物達には会えませんでしたが、きっとたくさんのエゾリスやキツネなどがいるのだろうな。

前にお友達の結婚式でも訪れたことがありますが、チャペルあり、ゴルフコースあり、まるで海外の森に迷いこんだようなちょっと幻想的な場所です。

結婚式場としても有名みたいで、中でも金曜日の挙式が多いんだそうです。しかも来られるのは東京からのお客様。週末、北海道での休暇を兼ねていらっしゃるみたいです。

広い敷地のなかにところどころにバンガローの家があって、其処で泊まりました。静かで、ゆっくりと時の流れるのを感じられるようないいところでしたよ。

コテージと本館とゴルフクラブハウスへは電話一本呼び出していつでも車が迎えに来てくれます。至れり尽くせりです・・・・

僕たちが泊まった建物は二階建てで、二階に玄関、リビング、ダイニング、キッチンがあり、一階に寝室とバスルームがありました。

案内されたのは4人用のコテージ。ビジネスホテルっぽいのを想像していたので驚きました。中は2階建てで暖炉もあります。ここでみんなで泊まったら楽しく過ごせそう。

この日(挙式前日)宿泊予定のコテージに着いたら、雰囲気の良さに、父ご機嫌♪なんて単純な人なんでしょう。。。。

フィンランド産の本格ログハウスを家族で1棟丸ごとかりて森の中に泊まります。柱に壁、天井も全部が木でできているのがうれしいです。リビングも広くて居心地いいなぁ。

部屋の中には薪ストーブが。 よくわからなかったので、がんがんに燃やしました ↑ホテルのロビー。ロビーの建物には大浴場もあります。

家具も建物もすべて木のぬくもり。ベッドには高さのちょうどよい枕と羽根布団。アメニティは「HABA」。何から何まで普段の暮らしとは違う、心地よさ。

あいにく今回は夜のパーティーだったのと、嵐に近い大雨の日だったのでせっかくの緑の中の結婚式が楽しめませんでした。でも、雨の日の結婚式はいいらしいですね。

かつてホテルニドムに滞在したという 音楽家バーンスタイン氏とニドムの森との関わりがちょっと気になりました。

日が暮れ始めた時間でしたが、リビングの扉を開けて写真を撮りました。空気はヒンヤリと気持ちよくて、余計な音は何も聞こえず、木々の揺れる音だけ。

森の中のホテル「ニドム」にお出かけ。森林浴+ゆったりお茶なんてええんちゃう〜♪生憎、吉日やったみたいでホテル敷地内はせわしなかったから逃げ帰ってきた。

シルバーパインは木の宝石と呼ばれるそうでとっても貴重でとても高価なものらしい。古くて素朴な丸太が??いえいえ、目で見れば感じます。木からオーラが出ているのですよ

湖を囲むように立てられた一戸建てのお部屋は木の香りがしてとっても落ち着けました。ベランダも素敵で、本当に森の中のリゾートって感じですね。

北海道らしく槙ストーブが置いてあります!!もちろん飾りでなく本物(^^ 建物自体の気密性も高いのでTシャツ一枚でも寒さを感じる事はありません。

石の教会も外は石を積み上げてる作られていますが中に入るとフィンランドの天然木のぬくもりあふれる教会です。

コテージは丸太作りの2階建てで中はかなりの広さです。ベットが2つおいてある寝室が2部屋あって、2階にキッチンやリビングなどゆったりとした空間です。

北海道らしい、イカの刺身が朝から出てくる。鮮度も良好。旨い。先に写真をご紹介したが、特筆すべきは牛乳。非常に濃い。

ここは「レナード・バーンスタイン」が亡くなるすこし前に滞在してたコテージを改装してチャペルにしてあります。この日は天気が良かったので、外で花嫁さんを見ました〜

結婚前に旅行で行ったNIDOMのコテージを思いついて問い合わせたら結婚式のチャペルもあるということで即決となったのだ。

ここの敷地の中に有る、炉端焼きのお店です。お店の中ではポーランドから来た、音楽大学の女性の弦楽4重奏の演奏が聞けるのです。凄く上手ですよ。

ニドムとはアイヌ語で『豊かな森』のこと。トムトム湖が見渡せるコテージのテラス。薪ストーブがパチパチと燃えるコテージのリビングルーム。

そして、私たちが結婚式を挙げた教会。フィデスペルペテュア教会☆ 石で、イサムノグチさん力作の教会です。

夜は、生のヴァイオリン演奏を聞きながら、フレンチ!!そして、ホテルの車(バン)で、コテージまで、送ってくれます。そのコテージがまた素敵ッ!!

お部屋からホテルの入り口にある駐車場とか本館とかレストランへの移動は、電話一本でスタッフの人が車で送迎してくれるシステムになっています。

今回は初めて泊まりましたが、ここはよく訪れます。飛行機まで時間があったりすると、ここに来て散歩したり、お茶を飲んだり、景色がいいので最高ですよ!

新千歳空港から車で15分程度のところにニドムというコテージができたということで宿泊してみました。ゴルフコースがあって泊まりでゴルフをするには最適です。

ログハウスに泊り、広々とゆっくりくつろげました。 こちらのログハウスはすべてフィンランド産です。テラスもあって開放的! 

カテゴリ:北海道:宿/ホテル|テーマ:ホテルニドム〔北海道〕 |更新日時:2017-06-22 04:06:43

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>