この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-11-14 02:11:26

「戸倉上山田温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お湯は源泉からしっかり熱い温泉(お湯)が出てきます。白馬の温泉よりこちらの硫黄の匂いのする戸倉の湯のほうが体がよく温まる気がします。

☆宿泊地は「戸倉・上山田温泉」【ホテル・園山荘(まるやまそう)】日曜の宿泊だったが、お客さんが多かった、特に男性客(団体)が多かったです。

 ここ自慢?の女性用露天風呂のバラ風呂、3日に一度、信州のバラ園から直送されるそうです。

内風呂は岩壁に囲まれたような雰囲気の迫力ある岩風呂 20人くらいはゆうには入れる広さがある この広さでも循環なしの掛け流しだ 湯口は岩壁からかなりの迫力だ

上山田温泉の共同浴場では、珍しい緑色のお湯に出会いました。上田と篠ノ井の間にある千曲川沿いの大型温泉街が上山田温泉です。

お風呂は2種類楽しめて、どちらも嗜好を凝らしてお客様をもてなすこころがあふれておりました。グースは露天風呂が気に入りました。

湯口の湯を手で掬うとほんのり硫黄の香りが漂い、口に含むとゆで卵味。湯色はほぼ無色透明、入れ替え直後の新鮮そのものの湯です。

早速「せせらぎの湯」からいただきました。貝汁のような薄白濁ですが、塩素投入加温循環で化学反応したかな?

浴感は若干ヌルしていてサッパリした湯で気持ちが良いです。また源泉温度が高いのですが温度調整の為に加水をしていなくて良い。鮮度も良いです

長野県は戸倉上山田温泉に行ってきました。源泉かけ流しのお宿「ホテル圓山荘」に泊まったんですけど超満館ですごく活気がありましたよ。

ここは毎分165リットル、加温、加水なしの自慢の源泉温泉だそうです。 女性用の露天のバラ風呂は信州から2日に一度届けられるとか。。

檜造りの別源泉浴槽がありもちろんカランも源泉 常にオーバーフローしてるから浴槽付近のタイルが緑色に変色してるのがわかります。

今日は、戸倉上山田温泉のタイラー・リンチさんの旅館で、9月のインバウンドサミットのお疲れさま会に招かれた。食後に子供連れで「射的場」に

新鮮な源泉が湯船に注ぎ、湯船の湯は循環される、いわゆる分部循環になっている。その辺のところは、脱衣所に詳しく書いてあって好感が持てる。

純天然温泉なので、いろいろな効能があって、疲れた体を癒してくれます。露天風呂は、広々していて、庭園に様々なお風呂がある感じ。

2006年8月12日 長野県 戸倉上山田温泉 旅亭たかの上の写真:部屋のお風呂は半露天の「源泉掛け流し」である

行き先は長野県の上山田温泉(戸倉上山田温泉とも言う)だった。 社長が20年来の常宿としている純和風の旅館で客室数は8室との事。

戸倉上山田温泉「かめ乃湯」 昨年4月に、リニューアル・オープンした共同浴場です。入湯料は、350円。新しい館内はきれいで、露天風呂も気持ち良かったです。

別に目指していたわけではないのですが,戸倉上山田温泉郷に着いてしまいました。 温泉を利用した公衆浴場があったので,迷わず入浴しました。

信州の温泉旅行で泊まったお宿ですが、一泊目は 湯田中温泉の「あぶらや燈千」 こちらは、リニューアルされたばかりということで、とてもキレイなお宿でした☆

シャワーの蛇口をひねってみたら、うれしいことに硫黄の香りがするのです。どうやら、シャワーも温泉を利用しているみたいです。

長野県千曲市の、千曲川沿いに湧く戸倉上山田温泉に行った。 千曲川を挟んで、宿泊施設と外湯が散在している。

内湯は、わずかに白濁してるかも。露天は、ややヌルめ。そして、どういうわけか、淡いバスクリンでも入れたかのように緑色に色づいていました。

泉質は無色透明な単純泉だがわずかに硫化水素臭がし飲泉はしっかりと玉子味がして、とてもおいしい 肌ざわりも柔らかくスベスベ感がある

ほのかに緑色で、硫黄のにおいもある上山田温泉の源泉ドバドバかけ流しで、気持ちいい温泉でした。上山田独特の湯の花も浮いてます(ゴミじゃないよ)。

戸倉・上山田温泉の戸倉国民温泉だ。源泉かけ流しの硫黄泉で、湯船に浸かると肌から小さい気泡が発生してくる。そして硫黄泉なのにつるつる・ぬるぬる感がある。

「湯の華銭湯 瑞祥」っていう立ち寄り温泉で源泉掛け流しだった。630円!。清潔なロビーのストーブは桜の薪をくべていて香りがいい

この日の宿は上山田温泉の湯元上山田ホテル。ここは内風呂の大浴場と露天もあります。とりあえず疲れを癒すために内風呂のほうに。

カテゴリ:長野県:温泉|テーマ:戸倉上山田温泉|更新日時:2017-11-10 05:11:37

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>