この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-23 03:03:27

「上高地温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

青い空を眺めながらのびのび浸かった。ぬるめのお湯の中で、じっくり時間をかけて足を揉みほぐしたら、身も心もリフレッシュ! 温泉に入れてほんとーうによかった。

夜の露天で静かな上高地で山の冷たい風を浴びながら綺麗な星空を見ることができ、落ち着いた時間を過ごせる。梓川の清流の音だけの静寂さは格別である。

自販機の手前の細い入り口を入り、スリッパに履き替え2階に上がると目の前が本日の女性風呂「梓の湯」です。料金:600円 泉質:炭酸カルシュウム泉

上高地温泉ホテルで立ち寄り入浴です。貸切でした。内湯に露天。露天風呂には、桶風呂x2、露天の湯船x2と露天風呂が充実していました。

上高地清水屋ホテル1070円と少々高いがタオルとアメニティーグッツが付いている。ここに決定 浴室は狭い。加水、加温なしの掛け流し露天風呂もこじんまりしている。

これがお泊まりの 上高地温泉ホテルです外壁が塗り替えたばかりのようで 130年前からの創業とは思えない位こざっぱりしたホテルでした

嬉しい源泉掛け流しです!24時間入浴可能で、歩き回った疲れをとるにはもってこいの、少し熱めの湯です。露天風呂では鳥の鳴き声を聴きながら半身浴が気持ち良かったです

ここの温泉は『河童の湯』と言いますが、そう言えば今週の『元祖でぶや』でも紹介されてましたね。売店のショーウィンドウに石ちゃん達のサインが。

訪れたときの男湯は「梓の湯」だった。内風呂にはカランが4つくらい並び、その壁の上にはホテルに宿泊した文人たちの詩歌が並べて掲げられている。

久々に天然の温泉というものに入りました!!露天風呂もあってそちらにも入ってみたのですが、涼しい夜に外のお風呂に入るというのは本当に気持ちいい!!!

ラジウムを豊富に含むと言われる源泉は、約77度と約50度の2つ有り、大小2の樽風呂は源泉掛け流し。

こんこんっと流れる満タン湯船から温泉の湯があふれ出るので、貧乏性の私は、私達だけじゃもったいないような気がしたわ。職場の人をもっと誘えばよかったよ。

一人600円。入ってみると岩風呂の内湯のほかに外湯で3つ、樽風呂やかけ流しの湯など、たっぷり温泉が楽しめる。

塩素臭などはまったくなく、きれいなお湯でツルツル、シコシコ系のお湯。特に特筆すべきお湯ではありませんが、こういうさらっとしたお湯も結構好きなんですよね。

 さすがに雄大な景色を見ながらとはいきませんが、上高地の空気を感じながら、 散歩の途中に露天風呂を満喫するのもいいものです。

温泉は、もんのすごおぉく気持ち良かった。必死こいて歩いて間にあった充実感もあったんでしょうが、露天風呂とよかったですねえ。

上高地で宿泊した場所は≪上高地温泉ホテル≫もちろん温泉付きなのだ〜(笑一日毎に男湯と女湯が入れ替わるので、それぞれの趣をジックリ堪能できる

お湯と散歩の間に、ロビーに掛けてある、このホテルの歴史などを読んでみる。昭和23年に女将が書いた記録に、市川房枝氏に関する部分があった。

カテゴリ:長野県:温泉|テーマ:上高地温泉|更新日時:2017-03-17 11:03:14

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>