この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-06-12 02:06:44

「昼神温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

露天風呂への入り口です 期待が高まりますね?男湯には無い打たせ湯があったみたいです。雪景色を見ながら露天風呂に入れて風情たっぷり。

タイル貼りの大きな内湯浴槽に満たされるお湯の泉質はアルカリ性単純温泉で、源泉は昼神温泉押出1号混合泉(押出1号泉・昼神温泉2号〜5号井の混合泉)です。

泊まった旅館は、「伊那華」  きれいな旅館だった〜!しかも料理が超うまかった〜ヾ(@⌒¬⌒@)ノ  ここ4年?旅行に行ってるけど、一番おいしかったかも!

湯に関しては、加温はあるが加水、消毒ナシの掛け流しとのこと。しかし、確かにぬるぬるのいい湯ではあるが、昼神特有のあの湯ではない。やっぱり薄いのだ。

まあ最近は雪も降っていないので、信州方面でも良いかなと思い、昼神温泉にある「湯ったりーな昼神」へ行くことにしました。

昼神温泉には日帰り入浴の出来る施設が10以上あるようですが、今回は村営の「湯ったり〜な昼神」というところに行きました。入浴料は500円でした。

昼神温泉は単純硫黄泉「美人の湯」と言われるそうですがツルツルというかヌルヌルというのか(^^)感覚がおもしろく印象に残っています

旅館の風呂は 源泉かけ流しではなく 循環式なので硫黄泉なのに硫黄の匂いが全然しない 期待はずれの風呂でしたがここは ちゃんと硫黄の匂いがします こうでなくちゃー

昼神温泉の源泉はpH値が高くて、pH9.7の単純硫黄泉とpH10のアルカリ性単純温泉があります。どっちも「つるつるスベスベ」のクレンジング系美肌湯なんです。

お昼ごはんをここでとって、外来入浴で6時間遊べるということでひるがみの森へ行きました。

2007年4月29日 長野県昼神温泉「石苔亭いしだ」上の写真は大浴場。部屋の風呂は檜ではあるが狭く閉鎖的でなおかつ温泉給湯でない。

ここは日帰り入浴NGでお泊り客のみ。到着日と翌朝で施設が男女入れ替わるのだけど到着したときに女湯だった施設のほうが断然よかった。

単純硫黄泉(アルカリ性低張性高温泉)で実際に入るとすべすべなやわらかい湯ざわり☆ 効能はリュウマチ.運動障害.しもやけ.糖尿病.美肌効果などがあるそうです☆

無色透明で、湯の花が浮いていました。つるつるしてきます。カランは十数個、シャンプー、ボディシャンプーが置いてありました。(リンスもほしいなぁ)

だた湯船の湯からは硫黄臭は感じません。含有量が少ないのかすぐ飛んでしまうのでしょうね。肌触りはヌルスベで、加温循環だが塩素臭は感じなかった。

つまりこの時期、昼神温泉に入ると、神様と同じ湯に入ることが出来、1年の恩恵を授かることが出来るんですって!!おぉー、知らないで来たのに、なーんて幸運でしょう!!

神様と一緒にお風呂に入りました、という入湯証明書もいただきました。これは1年間のお守りにもなるそうです。次の冬に持っていけばお焚き上げしていただけるそう。

先日昼神温泉のホテル伊那華のバイキング&温泉にいってきました。昼神温泉のお湯はちょっとぬるっとしていて気持ちいい温泉でした。

長野県昼神温泉にあるホテル「清風苑」というところに行って、砂塩風呂を体験してきたよ。皆さん、砂塩風呂知ってる?

昼神温泉はいい人ばっかりでした★仲居さんたちみんないい人♪すべてが癒される〜(-ω-*(-ω-*)〜ホテルでは浴衣貸してくれて、それ着て伊那谷道中へ!

温泉の泉質は、サラサラとしたお湯で、湯上り後肌もツルツルになりました。こんなお値段で、本当に良いのだろうか??と思いながら お湯に浸かっていた次第です

昼神温泉は全部硫黄泉かと思っていたが...内湯にある源泉投入口からはぬるい源泉が投入され、味や香りはない。加温循環され捨て湯口の湯がそのまま露天に投入されていた

さて肝心の湯だが、「アルカリ性単純硫黄泉」との事で、無色透明の湯。当然のように循環されているが、源泉も直接投入されており、飲泉用のコップも置いてある。

僕たちが入ったらすぐに帰ってしまい貸切になってしまいました。 寂しいですが、記念撮影「パシャリ」ちなみに愛息子の所が一番熱く46℃位でした。

温泉は単純硫黄泉という事で、若干の硫黄臭があるものの、透明な温泉でした。飲用泉もあったので飲んでみましたがまずかったです。

長野県南部にある昼神温泉 鶴巻荘という旅館に両親と一泊してきました。公営の施設なので料金が休日でも7700円と、とてもリーズナブル。

カテゴリ:長野県:温泉|テーマ:昼神温泉|更新日時:2017-06-21 01:06:11

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>