この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-07 09:03:31

「鹿教湯温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

中は内湯と露天があり小さい熱い内湯の方が源泉のかけ流しだと思います。無色透明の湯でちょっと熱いけど良いお湯でした。他に大きいぬるい内湯と小さな露天があります。

泉質は、無色、無臭、無味の単純泉。温度はぬるめなので、じーっくり温泉に浸かっていることができます。すっかり冷えた身体も、しっかり温まりました。

「しかきょうゆ」でなくて、「かけゆ温泉」かー。またひとつ勉強になったなー ちなみに、このタオル200円。鹿の親子イラストがなんともキュート

これが外観新しい施設だ手前にはベンチがあって一休みもできそう300円を受付で払って中にちょっとした休憩室になっていて椅子やテーブルがおいてある

温泉のすぐ脇に渓谷があるが、そこにこの五台橋が架かっている。屋根付きの珍しい橋だ。風呂上がりには、この橋で涼むのがお約束。

鹿教湯と言われるだけあって鹿の口から湯がこぼれています。↑ こちらの湯船は小さいですが温度は熱めに設定してありました。さっと潜って出ると身体が爽快です。

お湯は、ややぬるめ。冬だと温まるまで時間がかかるかもしれません。ゆったりと身を浸していると、ポコポコと身体の芯が温まってくる感じ。いいお湯です。

鹿教湯温泉[天竜閣]\500に入浴 ここは何年振りかの久々に訪れました。以前訪れた時は季節的に混浴露天風呂がやってなかったので混浴露天に入るのは初めてです

泉質は無色透明な単純泉だが 湯口からの新鮮な湯はしっかりと玉子臭と玉子味を感じる 飲んでみると非常においしい 肌ざわりも柔らかく、かなり上質な湯だ

ここは飲泉できるようなので、久々に飲んできました。味も癖が無い。源泉のみで加水もしていない為、ちょっと熱いんですがいいお湯でした。暖まります。

『鹿教湯』って、読めます?『かけゆ』っていいます。長野県の、えらい山の中です(^^;現実逃避には、ばっちりです!(笑)

鹿教湯温泉は、長野県の上田市にあります。この温泉のキャッチコピーは「神秘的な景観と伝説につつまれた湯の里」。

味臭はおだやかですが、きしきしの裏にけっこう硬めの湯ざわりがあり、予想以上に力感のあるお湯なので長湯注意。硫酸塩泉系のあたたまりもかなりのものです。

家族風呂が2つと混浴の露天風呂がひとつ、女性露天風呂がひとつあるので、なかなか楽しかったよ 河鹿荘よりぬるめのお湯だったけど、ぽくはちょうどいいと思ったよ

先日乗鞍からの帰りに寄ってきました  鹿教湯温泉は環境庁選定国民保養温泉地として、古くから信州の湯治湯 として有名です

今回宿泊した『三水館』は、たまたま、たどりついたブログで紹介されていた宿だったんですが、そのブログでも絶賛されていたとおり、とても落ち着く素敵な宿でした

鹿に教えてもらった湯、ということで鹿教湯(かけゆ)温泉です。鹿教湯温泉の中心付近ですが、だいぶ静かな温泉街です。まずは共同浴場の「文殊の湯」へ向かいました。

分析表では単純泉と表記されていましたが、石膏らしさが感じられる点から考えても、普通の単純泉ではなく硫酸塩泉に近い泉質を有しているものと思われます。

お湯は無色透明の単純泉です、後で入った旧館のお風呂より、こちら新館の方が 適温で、お勧めですね、旧館は大変ぬるい お湯でした

肝心のお湯ですが、無色透明で自分的にちょぷどいい温度。ほのかな硫黄の香りがよくとても気に入りました。同行した友人も「とても効くよぉ」と言ってました。

ここはどうやら市の施設らしく、クアハウスと温水プールがあるも、大人700円という破格の値段で1日中遊べるんです

以前は大湯と言われていましたが、現在の建物に立て替えたのを機に、文殊の湯と改名されました。清潔な共同湯で、露天風呂も併設されています。

かけゆでは、齋藤ホテルに宿泊しました。なんと朝から餅つきをやってました。

文殊の湯のお湯は全般にぬるめですが、手前にある浴槽が一番温度が高い お湯は透明で当然、掛け流しの湯です 狭いですが露天風呂もあります

刊「ジパング倶楽部」に、毎号のように広告を掲載している鹿教湯温泉「斉藤ホテル」に行ってみた。

鹿が傷を癒したといわれる温泉で、昔から湯治場として知られた温泉です。ここに「クアハウスかけゆ」という施設がありバーテーゾーンと温水プールが設置されています

鹿教湯温泉「三水館」では離れの「蔵」に宿泊しました。旧家の蔵をそのまま移築したそうで、周囲とマッチした外観と快適な部屋が落ち着かせてくれました。

カテゴリ:長野県:温泉|テーマ:鹿教湯温泉|更新日時:2017-03-23 21:03:04

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>