この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-06-26 06:06:42

「森の入り江の離れ宿 無雙庵枇杷〔静岡県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

決して、サービスが悪いということではないのですが、同じクラスの宿と比べると、スタッフの接客レベルがまだまだ若いというか、ちょっとぎこちないかな。。。

まず驚いたのは、チェックインが個室で行われるとこ!!おまけにお茶請けで手作りスイートポテト登場!!これがまた美味しかった〜☆

古民家の良質の部材を用いて造られた情緒ある建物で気に入ったよ〜。露天風呂は檜風呂。また、そこから見える水平線が絶景で・・・何とも言えない。

そして、特筆すべき事がもうひとつ。こちらの方々、個室の側を通る際、さりげなく料理の進み具合をチェックしてらしたようで、次の料理を出すタイミング、完璧でした。

女の人には、アメニティも充実してると思います。メイク落とし、化粧水、乳液、髪留め、くし、ボディスポンンジ、歯ブラシ。あとは、フェイスパックも入っていました!

贅沢を言えば、もう少し創作系があってもいいかなとは思いますが、素材の旨さをストレートに引き出せている点は評価できますね。

フロントで裏にある山でびわ狩りができるとのことで早速裏山へ。たくさんのびわがなっています。下のほうにある実はもうあまりなく少し上の方にある実をとりました。

お風呂上りの伊豆牛乳はご自由にどうぞのうれしいサービス。夜ごはんはきんめのお造りやら伊豆牛やら。わさびをごりごりして食べます。ん〜おいしい。

「橙」の部屋でした。和室最高だよ。それしか言葉がないよ。リノベーションでもし家を造るのならばこうしたい。はぁはぁ。そして夕焼けにやられるの巻。

予約時に「できれば…」とお願いをしたら、希望通りの「筍」のお部屋になっていました。宿の方も特に何も言われず「聞いていたので…」とも言わず…そこがまたいいですね。

お部屋に向かう前の廊下にもこんなに可愛い物が飾ってあったり・・・ちょっとした飾りが、とっても可愛くって、和みましたなんだか、タイムスリップしたような・・・

部屋に戻れば日の沈む時間。湯にとぷりとつかり、夕焼けを眺めながら冷やしておいたカヴァをこくん。湯上がりに用意されているお水もとても美味しい。

漆黒の太い柱と梁と床、古めの畳、うす暗い照明、古めの飾り物などで統一していて、エアコンなどはできるだけみえなくしている。非常によく作り込まれていると感心した。

フロントで、籠と、高枝切りバサミをお借りして、ミカン狩りですよ、なんて健全っ!!季節によって、枇杷や椎茸、たけのこなんかも収穫できるようです。

高台にあるため、海見のロケーションが抜群!価格はけっして安くありませんが、たった8室のみという小さいな宿ですので、サービスの目も届き易いのではないでしょうか〜?

別に外国人の仲居さんがどうのこうのとは言いませんが、正直日本語に難があり料理の説明が少し聞きづらいところがありました。

夕食は本格的な懐石料理。どれも気が利いていて、センス良く手が込んでいてどのメニューにもちょっとした驚きがあるすばらしい料理でした。本当に美味しかったぁ。

お部屋には囲炉裏があるテーブルもあり ソファーセットも 寝るのはベッドです バルコニーにもテーブルセットがあり ここからは、海に沈む夕日が見えました。

ここの食事はハンパ無いですよ!間違い無く、いままで経験した中でナンバー1!!でしょう!塩梅がまず絶妙!創作性が豊かで、美しく。。。

朝ごはんの後も、ゆっくり何度も温泉を楽しんできました。おかげで肌がチュルチュルですわー。効用が一目瞭然。温泉、サイコーでっす!

全室離れ。これはもう、格別ですね。おうちに帰って来た様な、そんなくつろぎ感を味わえます。レトロな風情がお好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

翌日の朝食用のお魚は、夜ご飯のときに何が食べたいか聞いてくれるの。素朴は金目鯛のお開き。脂乗ってて美味しかったよ〜!

部屋はベットルームと民家の縁側があるような構成です。ベットルームはなかなかよいセンスですが、、、居間(?)の方はなんだか微妙です。

さて、とっても美味しかった晩御飯なんですけど食べてる途中で宿のスタッフが『干物』を持って登場…明日の朝ごはんでお好きな干物をお出しします♪

サザエのお刺身は少し苦手ですが新鮮でコリコリしています。ボタン海老も甘くて美味しかった。妊婦はあまり食べられない金目のお刺身は最高^^

一度泊まってみたいと思っていた宿『無雙庵 枇杷』に行ってきました 客室はすべて源泉かけ流しの露天風呂付で、二階建て三つ・平屋建て五つの八つの離れになっています。

無雙庵枇杷では、お風呂のサービスが忘れられないものになります。これですっ!これっ!地元の牛乳。コーヒー牛乳と牛乳が自由に飲めます。

ひとつだけ残念だったのは朝食。とーっても美味しいのですが、品数が少なかった(;_;)今まで宿泊したお宿の中でも一番少なかったかも・・・・・

枇杷には赤枇杷(普段食べる種類?)と白枇杷(丸くて少し小さく実が白っぽい)があると宿のスタッフに教えてもらう。高枝バサミで収穫し、早速頂く美味い。

部屋以外にも貸しきり露天風呂がありそこからも土肥の海をか眺めることができました。それと、貸切露天風呂には、昔ながらのビンの牛乳とコヒー牛乳が飲み放題でした

今回は茜という部屋でメゾネットになっていて、2階が寝室。1階は囲炉裏やソファー、トイレ、洗面所、シャワー、テラスに露天風呂がある。

部屋も田舎の民家調ですごくステキです パジャマや丹前、バスローブなど備品もOKだし、テラス用サンダルも女、男、子供と色違いで揃えてあって心遣いもバッチリです

食事は囲炉裏のある個室で創作懐石料理。地魚の刺身に伊豆牛、いかの肝鍋に土鍋で炊いた舞茸ご飯・・・季節という事で高足蟹もいただきました〜

着いた早々、ごめんなさい〜と思いながらも、エステでリフレッシュ〜!!昼間の太陽の下でしてもらうエステは最高!!土肥だけどバリ島っぽくて(笑)

まずはお部屋の紹介から・・・お部屋のウッドデッキから見える土肥湾・・・全部屋、夕日が見えるロケーション・・・夏の花火大会は最高らしい・・・

満点の星空を観ながら風呂に3回も入りました。カメラの充電がなくなり、朝ご飯の実況出来なくて残念。。でも、とってもいいお宿でした☆また行きたいな〜♪

1泊2日で主人は6回、私は5回お風呂に入りました。雰囲気というか、宿に流れている空気そのものがとっても素敵な空間でした。

とにかく料理が美味しい 海の幸と山の幸が楽しめ、お酒の好きなしんべえには堪らないですね〜 そして・・・ただ何もしない贅沢って良いものです

これが部屋付の露天風呂。部屋に併設されたテラスの奥にお風呂があります。眼下には相模湾と土肥温泉街が望めます。最高のロケーションですね。

食事はとても満足、温泉も満足でしたが、ネックはお値段と私のライフスタイルかな?値段は平日と休日の差が大きいです。特にGWはかな〜り高かった。

実際伺ってみて、こちらの旅館で良かった〜と思いました。お部屋はとっても居心地が良いですし、ホスピタリティも最高ですし、細かいサービスがいくつもあって。。。

夕景とみかん狩りはポイント高かったですよ(^_^)vソファーが1人分しかなくて、座椅子も無い和室では、部屋にくつろげる場所が少ないように感じました。

とっても素敵なお部屋に父ちゃん母ちゃん大興奮でした 部屋からの景色 部屋には露天 美味しい海の幸 朝御飯 フレッシュな採れたて野菜に地の魚 健康的〜

料理も本当に久しぶりにおいしいコース料理を食べました。子連れでコース料理が食べられるなんて(もうしばらくの辛抱でしょうか?)

食事は海と山の食材を使った創作系の料理。温泉宿にありがちな、「こんなに沢山食べられない!」ってほどの量ではないトコがイイ。

カテゴリ:静岡県:宿/ホテル|テーマ:無雙庵枇杷〔静岡県〕 |更新日時:2017-06-26 00:06:38

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>