この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-12-11 13:12:17

「三養荘〔静岡県・伊豆長岡温泉〕 」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

僕が泊まったのは、新館の「梅枝」という部屋。二間続きの和室があり、2メートル幅の広縁を隔て専用庭がついている。大浴場もあるが部屋のお風呂がまたいい。

泊まったお部屋は新館の野分でした。広縁がとても広く、夕方からは涼しい風、鳥・虫の鳴き声、せせらぎの音が。。

全体に言うと、さすがにおいしい。の一言。奇をてらった創作料理とか出ないので安心していただける。熱いものは熱く、冷たいものは冷たく、そしてベースになる出汁が旨い。

到着時には温泉がはられており、滞在中ずっと掛け流し状態でした。写真ではぱっとしないのですが、とにかく気持ちの良いお風呂で素晴らしいの一言です。

ここの敷地面積は、なんと42,000坪!赤い点が私たちの泊まった部屋で210号室「紅梅」ってとこだったんですがここだけで3部屋あるんです

門構えからして,普通の宿とは違う。。。そして,42000坪という広大な敷地の中に3000坪の日本庭園と,平屋数寄屋造りの部屋が40棟点在.

ここまでの庭園はそう無いにせよ、日本の建築はもともと庭とともに有ったと言え、内部と外部といういうよりも、一体化して存在していました。

お風呂はかけ流し! お風呂の底からお湯が湧いています。(*´・ω・`)窓はぴかぴかで、坪庭に面してます。大きさは2人がゆ〜ったり入れるくらい。

お庭のお散歩もゆっくり時間をかけて。新緑が綺麗です。お部屋は本当に広いです。リビングは10畳以上かな、ベッドルームもその位でゆったりと…

私達のお部屋は新館和室で、お部屋にお風呂が付いています数寄屋造りが素晴らしいです お部屋からはプライベートなお庭が広がっていて、2人占めできます

部屋は十二分に広い。造りがまた良い。天井から雨戸まで丁寧に作られているのがわかる。何せ小生は、宮大工の孫なので建築物、特に和風のものには興味が湧く。

お庭も気持ち良かったですよ。散歩してきます!と言ったらサッと日傘を渡されました。スタッフの気配りも行き届いています。

古式ゆかしき和の旅館の美しさがここにはある。庭にこれだけの樹木があれば、四季折々にその風情を楽しめる事だろう。

お部屋は全て、離れになっています。一番広いお部屋は100坪+300坪の庭園で一泊50万だとか。。。ステイしたお部屋もとっても素敵でした

夕食はお部屋でゆっくりととてもお上品なお料理です 42000坪の敷地に、お庭が綺麗に維持されてました

お庭はすばらしいの一言に尽きます。それぞれの季節のベストな時期に訪れれば、また一層思い出が映えるのでは。

隙を見てキスしているカップルも。こんな高い旅館なのに若いカップルが多くてビックリ。

真夏だったせいか、お花はほとんど咲いていませんでした。が、四季折々のお花が鑑賞できるみたいです。平日日帰りプランで「ランチ+入浴+お庭散策」があるみたいです。

新緑が眩しい・・・そして静かなゆったりとした時間の中で ココロがそっと解き放たれるのを感じ・・・ 小鳥のさえずりで目覚める喜び。 癒されて帰って来ました・・・

私たちの泊まったお部屋は、三養荘さんのなかではお手頃な部屋ではあったのですが、なーんと70平米超!広いお部屋でした。

三養荘はとても広い敷地です。広大がお庭が有名ですが、宿泊棟も回廊式と言うか分散されています。敷地図 長い廊下 置いてある調度品も歴史が感じられます。

こちらの旅館の夕食は、派手さはないものの、美味しかったですよ。我らのおなかにはちょうどよい量でしたが、若い方には少なめかもしれません。

私達は今日の御宿『三養荘』へ。本館と新館があり私たちは本館で。こんなお部屋です。とっても懐かしい感じ。庭がとんでもないことになっている宿です。広いです!

すべてのお部屋からは、水の流れるお庭が楽しめます。お風呂といえば・・・カラスの行水。長湯のできない私は、温泉にさほど興味がないのですが・・・

部屋もゆったり広いのでくつろげます。一番安い部類のはずですが、ゆったりしたツインのベッドルームに、10畳の座敷、広縁、畳敷きの廊下だけで10畳はありそうです。

お部屋は当然離れ形式。下手な住宅街の隣家より離れてます。お隣の部屋の人と会うことはほとんどないでしょう。お忍びでくるお客さんのための玄関もいくつかあるそうです。

吹きガラスのゆがみや、戸袋の年輪に時代を感じてちょっと長い時間を過ごすことができました。食事もゆったりと少しずつ楽しみいつの間にか満足感を味わいました。

本館が10室くらい、新館が28室くらい、でしょうか?新館の内の8室は庭園を挟んで本館の向い側にありますが、ドウも使われているのかなあ?という感じです。

風呂は大浴場・露天風呂は当然ですが、源泉掛け流しの内風呂がまた、風情ある感じで良く、何度も入ってしまいました。

ここは何よりお庭が素敵でした!こんな素敵なお庭があるなんて素敵な暮らしだね〜なんて話しながらお散歩しているうちにお部屋の準備が整い暖かいお部屋へ

この旅館はとにかく庭園が広く、仕事とは言え、この旅館に居ると、なぜか時間を忘れてしまいます。敷地は東京ドーム2個分だそうです( ゚Д゚)ヒョエー

4万坪の敷地に贅沢に作られた日本庭園が、圧巻です。宿は一棟、一棟独立しており、計40棟あるそうです。そして全てのお部屋に源泉掛け流しのお風呂が付いてます。

カテゴリ:静岡県:宿/ホテル|テーマ:三養荘〔静岡県・伊豆長岡温泉〕 |更新日時:2017-12-10 19:12:13

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>