この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-23 23:09:07



「京都府(桜の名所)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

紅葉の嵐山一帯が、春になると桜の名所となります。嵐山のヤマザクラは、後嵯峨天皇が亀山殿の造営の際、奈良の吉野から移植したものと伝わっているそうです。

今出川御門から御苑に入り直進し、御所の朔平門に向かって右にある近衛邸跡地に向かいました。近衛邸跡には「京都御苑三大桜」のうちの「糸桜」があると聞いていました。

満開のシャガの群生に満足した後に立ち寄ったのが「出水の小川」。ナント、八重桜・・・それもまあ、、こんなに見事なのが満開でした。

今年初めての花見です。山科 醍醐寺 9時オープンめがけていったのですが、さすが名所 団体さんがすでに、てんこ盛り 大賑わい

7日・8日は恒例の宇治川桜祭り 今日の様子だと 天気さえ良ければ見頃かな?それに先駆けて 久し振りに青空になったんで様子を見てきたが 後少しで満開というところ。

もう少し清水寺から・・・(^^)ゞ 清水の舞台の下(^^)ゞ 清水寺と京都の町並み 4月6日の撮影分から・・・

大覚寺境内の東にある大沢の池。平安時代の庭園の名残をとどめている。池の周囲は桜の堤となっており桜の花は今が真っ盛り。冬の名残のカモも僅かだが残っている。

木津川と桂川の合流点の堤にあります。1.5キロほどの堤ですがソメイヨシノが両側からせり出し上空から見れば本当に背割りのように見えるでしょう。

訪れたのは京都府立植物園、ソメイヨシノ、紅枝垂れ、山桜など約500本の桜がある名所です。ソメイヨシノ、山桜などが満開を迎え快晴の下で見事に咲き誇っていました。

満開の醍醐寺に行きました。桜もすごかったけど、人もすごかったです。霊宝館前の石畳の道も満開で桜のトンネルになっています。

では、切手にもなった醍醐寺の霊宝館へ!写真では伝わりにくいですが、すっごい巨大な枝垂桜です。醍醐寺は京都市内の枝垂桜より早咲きなのか、今が見頃です。

いかがかしら。平安神宮の花見気分になっていただけましたかしら。 オマケの画像は、桜みくじ。去年から、あるのよ。紙がほんのり桜色なの。

大極殿右手前で咲く満開の桜! 桜と蒼龍楼・・・いい感じでしょ♪ 桜と大極殿・・・平安神宮を撮る代表的な構図!(^^)!

糸桜とは枝垂れ桜の古い呼び名で、この細く伸びた枝を糸に喩えたものなのでしょう。公家の世界にふさわしい、雅な呼び方ですね。

昨日、舞鶴共楽公園へ花見に行きました。NHK京都放送局の花情報では5分咲きとありました。現地に着くと5分咲き所か花は終って葉桜の状態。

桜ふぶきが最高に美しい(*≧∀≦*) 池にも桜のじゅうたん(*^∀^*) ピンクの桜はちょうど満開でした(*^∀^*)

桜は御苑内の随所にありますが、私の好きな枝垂桜は建礼門前大通りと近衛邸跡にあります。堺町御門から入ったので、前者から。ここは大きな枝垂れが一本。

後水尾天皇は修学院離宮を造った文化的な天皇です。その天皇の心を動かしたのですからたいした桜です。葉が最初からついているのが特徴です。

桜満開の京都嵐山 朝まだ太陽が顔を出す前・・・・少しの早起きでまた素敵なものたくさんいただいてきました 桜の暖簾越しにみる景色も格別で京の人の桜に酔ってきました

この山が「嵐山」。中腹にも桜が咲き、秋は紅葉につつまれます。麓の桜との眺めがなかなかです。何でも、嵐山では舟から眺める桜が最高だそうです。

まだ境内には多くの人がおり、西に傾きはじめた日の光を受けて輝く様々なの桜を見ながら、参道を行き交う人で醍醐寺は賑わいを見せていました。

桜は満開で見事!!曇り空もなんのその、人出も沢山ありました!実はこんなに桜の木が沢山あるなんて知らずに行ったのですが...なんと!200本もあるそうです!

朝から快晴の今日。仁和寺に行ってきました。満開の御室桜は騒がしくても、朝早くの仁和寺の人は少なく静か。五重塔も、今日は桜に埋もれてなかなか見えません。

雨の降りそうな天気の中、二王門から入ってすぐ左手にある御室桜は、既に散り初めていたが、中門の内側にある桜苑の御室桜は丁度満開である。

平成20年4月12日現在の御室・仁和寺の桜です。御室桜と言えば遅咲きで有名ですが、仁和寺のホームページに依ればそれほど極端に遅いという訳でも無い様ですね。

きょうは、先日おとずれた仁和寺の桜の風景です。一緒にお散歩しましょう〜♪

4月12日の京都・平野神社の八重薄紅の枝垂れ桜です。とっても大きくて、満開な様子は、さながら桜の滝のようです。

京都円山公園(八坂神社)の桜もみてきました。染井吉野は満開〜散り始めでした。東山にもよく映えていました。有名な八坂の枝垂れ桜はこんなかんじ。

御室仁和寺の御室桜が満開になりました。我が家の庭のようなもので、歩いて五分ほどの距離。そんなわけで、開花状況は直ちにわかるんです。

この桜の特長は、低木の桜だということ☆枝には、コンモリとたくさん花をつけるので、散策するとまるで雲の中に入っていくような感じですよ☆

青空の下に映える朱の色。そしてその向こうに頭を覗かせる、ピンクの塊!神苑に一歩足を踏み入れると、そこには満開の枝垂桜が広がっていました。

本通りから一筋中に入ると枝垂れ桜が見事に咲き乱れ・・直ぐ傍には嵐山を借景に大島桜が優しい姿を見せてくれました・・

御室桜は遅咲きで、境内に200余株植えられています。とっても良いお天気で、満開の御室桜が映えました〜 桜の花は、日本人に今も昔も愛されてますね。

京都御所(4月9日)でみかけた 紅葉一重白小桜 です。かなりちいさめの端整なかたちの花が可憐でした。御所にはいろいろな桜が咲いています。

この桜だけでも、一目見れば、京都の桜を見たと言っていい。これほどに美しく、妖艶で、儚げな桜は無い。

行ったことのない所へ・・・ということで、木津川の河川敷、「笠置山自然公園」へJR笠置駅、周辺に、満開の桜が咲いていました。JRに乗れば、桜のトンネルをくぐれます

春爛漫〜京都・醍醐寺の桜・第三報、満開です!今日昼の出がけに立ち寄って来ました。撮影は午後1時〜2時頃 平日にも関わらず大変な人出!

先週のお花見散歩で毘沙門堂まで行ってました。この時は七分咲きって所でしたが、今はちょうど満開でしようね!

↑渡月小橋からの眺めです。 ↑弊亭、松風閣の前の公園の桜も満開です。↑松風閣のまん前に咲いている枝垂桜です。薄ピンクの可愛らしい花が印象的です。

舞台の下の桜は咲き初めです。そのほかは、もうすぐ満開をむかえる木もありました。三年坂の桜は、満開です。相変わらずのすごい人!です。

午後は清水寺へ行きました。清水寺へついた頃には 大変な人の波で 圧倒されましたが桜も大変きれいでした。遠く京都タワーまで見る事が出来ました。

満開の桜を見ながら歩いていくと、池が目の前に!その池の上に、満開の桜がライトアップされていてその桜が池に写っていて、これまた良かったので一枚、パシャリ!

円山公園の名物といえば枝垂桜 ところどころ枝が切られてちょっと寂しい姿になってはいますが 桜としては満開・・・・

そして、お決まり、公園にある枝垂れ桜 なんか、去年よりも、元気がなくなってきている気がしました 去年は、まだこんなにボリュームがあったのに。

毎年毎年、ここの紅枝垂桜を見たいと思っていましたが、紅枝垂桜は他の桜よりちょっと遅いので、行くと、いつも蕾。それが、昨日は、満開です!!

先月の円山公園にある枝垂桜 そして これは 先週木曜にフラッと行った時のものだす ぽかぽか陽気に いつもがらがらお京阪も混みこみ、円山公園もブルーしーとだらけ

醍醐寺の枝垂れ桜はちょっと遅かった感じですが、その他の桜は満開で、とってもキレイでした(* ̄∀ ̄*) ウットリ

カテゴリ:桜の名所ブログ自慢|テーマ:京都府(桜の名所)|更新日時:2017-09-24 03:09:29

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>